【メタボリック・シンドロームを防ぐ】

メタボリック・シンドロームを防ぐ

では、メタボリック・シンドロームを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

内臓脂肪が蓄積して、病気の発症リスクが高まった状態を
メタボリック・シンドロームといいます。
つまり、メタボリック・シンドロームの人は、同時に肥満であると言えるのです。

そのため、肥満を予防することが、メタボリック・シンドロームを予防することにつながります。

肥満にならない食生活、生活習慣を少し改善することで
メタボリック・シンドロームを予防しましょう。


【メタボリック・シンドロームとは何か?】
【メタボリック・シンドロームがもたらすもの】
【メタボリック・シンドロームの診断】
【メタボリック・シンドローム、こんな人は要注意!】
【メタボリック・シンドロームを防ぐ】


【メタボリック・シンドローム、こんな人は要注意!】

メタボリック・シンドローム、こんな人は要注意!

メタボリック・シンドロームは、生活習慣が深くかかわっています。

日々のちょっとした運動や間食を減らすなど、
生活習慣をちょっと良くするだけで、内臓脂肪は減らスことができます。
そしてその結果、メタボリック・シンドロームを防ぐことができるんです。


あなたは、メタボリック・シンドロームになりやすい生活をしていませんか?
こんな生活をしている人は、要注意!です。

◆食事はお腹いっぱい食べないと満足しない
◆おやつ、間食をよく食べる
◆甘いものが好き
◆濃い味付けが好き
◆肉をよく食べ、野菜は食べない
◆階段を使わず、エスカレーター・エレベーターに乗る
◆日常的に運動する習慣がなく、運動不足
◆ストレス解消にお酒を飲む
◆喫煙の習慣がある

あなたはいかがでしたか?
メタボリック・シンドローム予防には、これらの生活習慣を直すことからはじめましょう。


【メタボリック・シンドロームとは何か?】
【メタボリック・シンドロームがもたらすもの】
【メタボリック・シンドロームの診断】
【メタボリック・シンドローム、こんな人は要注意!】
【メタボリック・シンドロームを防ぐ】


【メタボリック・シンドロームがもたらすもの】

内臓脂肪の蓄積によって、糖尿病や高脂血症などの発症リスクが
高まった状態であるメタボリック・シンドローム

メタボリック・シンドロームという考え方がはっきり示されたのには
内臓脂肪の蓄積という状況が動脈硬化をもたらし、さらにその先にある
心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などを予防するためという
目的があるためです。

動脈硬化が問題として重要視されている理由として
動脈硬化は自覚症状が薄く、その割に、先にある心筋梗塞や狭心症、脳梗塞といった死に至る病を突然発症せてしまう危険が高いことがあげられます。

しかも、心筋梗塞脳梗塞などは働き盛りの人間に発症することが多く
後遺症も深刻なために、非常に問題視されているのです。


メタボリック・シンドロームの状態であれば、日々の心がけによって
改善することは比較的易しいことです。
その先の動脈硬化を予防するためにも、メタボリック・シンドロームにならないこと、
メタボリック・シンドロームの状態から改善に向かわせることが大切です。


【メタボリック・シンドロームとは何か?】
【メタボリック・シンドロームがもたらすもの】
【メタボリック・シンドロームの診断】
【メタボリック・シンドローム、こんな人は要注意!】
【メタボリック・シンドロームを防ぐ】


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。